胸を大きくするために脂肪を注入する時には、利点もありますが、弱点もあります。

注入した脂肪が予想以上に体に吸収されてしまって、あまり効果を得られないケースもあります。

胸をとても大きくしたいと思って豊胸手術を受けたとしても、ほとんど大きさが変わらないという可能性もあります。

その反対に、ちょっとだけバストを大きくしたいと思っていたのに、予想以上に豊胸効果が現れてしまうこともあります。

この大きさになりたいというバストサイズが決まっている人は、脂肪注入は適さないかもしれません。

手術後にどのくらいのバストサイズになりたいかが明らかな人は、脂肪注入より、シリコン挿入のほうが、適切かもしれません。

知っておくべきこととして、豊胸手術に使う脂肪は、自分の体の他の部位から取り出すものです。

脂肪量が少なければ、豊胸はできません。

脂肪注入による方法を希望したところで、肝心な注入するための脂肪の量が十分になければ、豊胸手術をすることはできません。

脂肪注入に使用する脂肪の量は、左右合わせて約300㏄必要とされています。

体脂肪が少ない人などは、豊胸手術のために体の中から取り出せる脂肪がありませんから、そもそも手術が成立しません。

豊胸を目的とした脂肪注入では、切開による手術痕が残りますが、アンダーバストの隠れやすいところなので不自然さはありません。

時がたてば、傷跡らしく見えることもなくなりますし、数ミリくらいの小さいものなので、その点は安心です。