顔にシミがあることが悩みの種だという人は、少なくないようです。

皮膚にできるシミの正体は、メラニンという色素です。

メラニンは、紫外線の刺激などで、メラノサイトからつくられます。

シミの予防方法としては、日傘や日焼け止めや帽子を使って紫外線を徹底的にブロックするのが効果的です。

皮膚で生成されたメラニンが体外に排出されやすくするためには、抗酸化作用の高いものを食べることも大事です。

美容を気にする人が、抗酸化成分として注目している栄養素には、ビタミンCやE、ポリフェノール、アスタキサンチン、コエンザイムQ10があります。

肌のケアをする時には、入念に保湿をして、肌の乾燥を防ぐことを心がけるようにしてください。

一旦できたシミを薄くするのは難しいですが、最近では美白化粧品がよく使われています。

できてしまったシミを目立たない状態にするには、ハイドロキノンの漂白効果や、ビタミンC誘導体の抗酸化作用が適しています。

これらの成分が配合されている美白化粧品を使用してシミに働きかけましょう。

肌を白くする成分が、皮膚の奥にまで入っていけるように、みずみずしく健康的な肌を目指すことが大事です。

古い皮膚を除去して、新しい皮膚へと交代する、お肌のターンオーバーが正常に行われるように、ピーリング石鹸を使って不要な角質層を除去し、パックケアで肌に栄養を与えます。

美白に役立つ成分が皮膚に浸透し、肌の元々持っている保湿力を高めることで、肌をより美しくします。